ノザワの4輪駆動運搬車合計3台になった

2007年12月
今度は運搬車の低床化、荷台部分を6センチ下げて農産物の積み下ろし作業を楽にする。
3号車
荷台部分にワイヤーをかけ取りはすし、シャシーを6センチカット、その後溶接して元に戻す。簡単に思えるが結構手間のかかる仕事、実質5時間で完了。
荷台の高さが68センチ→62センチになりコンテナの積み下ろしが来年度は楽になるはず。たった6センチが収穫の農作業にとって非常に大きな差が出る。写真では分かりづらいが低くなった分傾斜地での安定感もでる。

近所の犬の散歩の人からは「何してるんだべ」と思われているが、本人は大満足で心地よく眠れた。
 


2号車
ノザワの4輪駆動運搬車にさらに1台中古を購入、趣味と実益を兼ねて作業がはじまった。写真だけでは解りにくいが耕運機のエンジンを載せ替えたり、荷台の鉄板を張り替えたり、タイヤを交換したりセルを載せ替えたりと結構手をかけた。2週間の間でのべ4日くらいかかった。






決して壊しているのではなく修理しているのだ。少々荒っぽいが作業効率のため塗装し完成した時は大満足である。
トップページへ戻る