FPの家 旧家屋解体〜完成まで
総合建設業・一級建築士事務所 株式会社 大泉建設

山形県西村山郡大江町 清野邸
築36年の家をこれから解体新築
重機で解体が始まる
その前に人力で中の物を分別して運び出す。
さすが機械力にはかなわない
数日で跡形もなくきれいになる
古い基礎コンクリートも撤去
さら地になった。
遣り方を出して、いよいよ始まる
基礎の床堀
べた基礎
砕石地業し
ポンプ車と生コン車でコンクリート打設開始
鉄筋も入り丈夫な基礎
べた基礎なので、基礎と土間を一気に打つ
大地震でも安心できる
基礎完成
ダイワ到着
いよいよ大工さんの仕事
間もなく上棟式
足場も組まり上棟式当日
12トンクレーンで組み上げる
2階部分も出来てきた
翌日、工場よりFPパネルが到着
トラック3台分ある
工事用看板
FPの家+オール電化
柱、梁等の部材
屋根の形も出来てきた
手前シートの中FPパネルがある
だんだん家らしくなった
1階部分の造作
玄関から見た所
階段も出来た
2階部分
2階の部屋
仮設のはしご
この時点で構造内覧会を開いた
完成編
茶の間から見た仏間
玄関から入り右が茶の間
正面が飾り棚と階段
飾り棚の下は蓄熱暖房機
茶の間、茶タンスは既製品をきれいにはめ込み
間口9尺の2枚戸
雪見障子は横にスライド出来る
高さは2メートルある
IHクッキングヒーター(幅75センチ)
内蔵システムキッチン
廊下の壁
珪藻土(けいそうど)による
職人の腕が見せ場のコテ仕上げ
ここはヒキズリ仕上げ
居間と食卓、手前がカウンター
お風呂
段差のないバリヤフリーで
電気給湯器ですべてボタンひとつの操作
階段を上り2階へ
1階トイレ
1階トイレ小
外の舗装工事
仕上げは浸透性のある合剤で
雨が降っても流れずに地下に浸透する
舗装完成
奥の庭にテーブルを置き
くつろきの場に
茶の間からも見える池のある庭
錦鯉がいっぱい
昨年鯉の赤ちゃんがいっぱい生まれた
(30匹位)
玄関
階段脇の鳥海石の花壇は
施主の息子が作った
全体
市の沢橋より
最後までご覧いただき、
ありがとうございました
トップページへ戻る